習 慣


脳は快楽を優先しがち・・・

 

動物は、生まれてすぐに立ち上がり、

母乳を探し、それを含み、そうしないと生きていけないように出来ています。

 

ところが、人間は産まれた時「オギャー」と泣いて

生きていることを表現します。

 

すぐに立ち上がったりすることは出来ず、

成人になるころまで

誰かの手助けを受けなければ生きていけません。

 

お腹がすいたと言っては泣き、

気持ちが悪いと言っては泣き、

泣くことで自分の欲求を満たして来ました。

 

それは自分にとっては快楽として記憶として残り、

その成功を安易に習慣にしてしまいました。

 

それが習慣のはじめの一歩です。

例えば・・・

・子供の頃、朝起きるとお母さんから「歯を磨いて、顔を洗って・・・」

と言われて、なにげなく言われたとおりにやって・・・

大人になっても同じように、朝起きて歯を磨いて、顔を洗って・・・

これって、習慣ですよネ

 

 

・もし幼いころに、泣いたり、駄々をこねたりしてお菓子をもらう事を覚えて・・・

ずーっとそんなふうにして自分の欲しいものを手に入れていたら、それも習慣ですよネ

 

 

・そんな快楽からの習慣を変えるのは大変です。

 

 

・大人の責任として、こどもの成長過程で我慢することを覚えさせたり、習慣を変化させていくことも必要のようです。

 

 

・美しい人に「どんなことをされていますか?」と聞いた時、

「別になにもしていません。」と言っていますが・・・

良いと思っていることを日常の中で習慣にしてやっているから、

特別な事をしている感覚がないのだと思います。

 

 

・成功している人は、日記を書く事を習慣にしていたり、

早起きして、読書することを習慣にしていたり・・・

習慣にするまでは意識的に努力するのだと思います。

時間を決めたり、場所を決めたり、シチュエーションを決めたり・・・

その事で、心が安定したり、ヒラメキが起こりやすくなったり・・・

 

 

・自分がどんな人生を送りたいのかを考えた時、

これまでの自分の習慣を確認したり、改めたりする必要があるかもしれませんネ。

 

 

・スポーツ選手がやっているルーティンも習慣の一種です。

 

 

・快楽のままの習慣にしておくか、人間として進化させた習慣を身につけるか・・・

さて、どうしましょうか?

 

 

・幸せ習慣を取り入れていきましょう!